18年01月03日 | | 併用すると効果が出やすい はコメントを受け付けていません。

オフィスホワイトニングをする際には、歯の色を決めたあと実際の施術に入るまでに事前に歯石などを除去しますので、一日で終了するとは思わない方がいいです。ホワイトニングとしての即効性があるかもしれませんが、口腔内のメンテナンスをする時間も確保しておいてください。

ホワイトニング
画像引用元 <ホワイトニング治療|SBC大阪心斎橋院

オフィスホワイトニングをする当日ですが、歯茎や唇にホワイトニング剤がつかないように保護クリームなどを塗ってから開始します。歯科医院によっても違いがありますが、数回に分けて光照射をすることで白さの効果を高めるのです。一番最後にはフッ素加工することも特徴でしょう。

また、オフィスホワイトニングだけでなくホームホワイトニングとの併用が多いようです。歯科医院で自分の歯型のマウスピースを作成します。歯科医師の指導がありますので、それに沿って自宅で行うので安心ですね。

審美歯科に行く時間がない方でも帰宅後の数時間を利用してホワイトニング剤を入れたマウスピースを口に装着すればいいのです。奥歯までしっかりと白くすることも可能だそうです。ただし、これは1週間から1ヵ月程度行わなければ白くなりにくいのでやはりオフィスホワイトニングとの併用が望ましいと考えられています。

歯が白いと人前に出ても思いきり口をあけて笑うことができますよね。自信も持てる歯のホワイトニングをぜひ試してみてください。


18年01月02日 | | オフィスホワイトニングの特徴 はコメントを受け付けていません。

歯の表面を白くするためには、審美歯科へ行くことをおすすめします。ホワイトニングするためには、専任の歯科衛生士に歯石・歯垢などをしっかりと除去してもらい、歯肉の状態もチェックした後で行う方がより一層のホワイトニング効果を得ることができるでしょう。また、口腔ケアは必ず実施する歯科医院が多いですのでどれくらいの時間がかかるものなのか事前に確認するといいですね。

ホワイトニングホワイトニングにもいくつかの種類がありますが、ここでは主にスタンダードタイプのオフィスホワイトニングについて説明します。通常のホワイトニングに比べると早く効果を得られますので、結婚式を控えている新郎新婦や、仕事の忙しい営業マンでも簡単に施術してもらうことが可能です。

また、実際にかかる費用面でもオフィスホワイトニングであれば、だいぶ予算が抑えられるので試しやすいのではないでしょうか?

オフィスホワイトニングでも他のホワイトニングと変わりなく、歯の白さと明るさについて決めなければいけません。この時にも歯茎の色などトータル面で自然に見えるように決定することが多いようです。もっと白い方がいいとお考えの方もいらっしゃるようですが、自分の考えだけで決めてしまうと写真撮影した際に、歯だけが白く目立ちすぎて不自然に見えてしまいます。自分の意見も大切ですが、担当医師からのアドバイスにも耳を傾けてください。


18年01月01日 | | ホワイトニングで歯を白く はコメントを受け付けていません。

きれいな歯を見せて笑えるのは本当にうらやましいことです。歯並びだけでなく、加齢や病気によって歯の表面や歯茎の色が変色すると、つい手で口元を抑えてしまう人も多いと言われています。どうすれば、きれいな歯にすることができるのか考えた場合に思いつくのが審美歯科です。

ホワイトニング芸能人が通っているイメージがある審美歯科ですが、もちろん私たち一般人でも通い出しているケースが増えてきています。審美歯科に通うことで歯をきれいにするメニュー「ホワイトニング」について説明します。

最近の傾向としては、男性でも女性でも歯のホワイトニングをしたいと思っている人たちが多いようです。喫煙すればヤニがたまり茶色く変色しますし、長年いろいろな食べ物を食べていれば歯の表面に歯石が蓄積されてしまいます。本格的なホワイトニングを実施するまえには、歯科医院で歯のメンテナンスを行ってから始めたほうがより白くなる効果を得られるでしょう。

ホワイトニングについては多くの市販品が発売されています。歯磨きの際に歯磨き粉として普段使いのように磨くタイプや、マウスピースにホワイトニング剤をつけて歯に装着するのを何回か行うタイプなどさまざまです。自分で試してみるのもいいのですが、結果がすぐに現れないことも多く、余計なお金だけが出ていってしまうでしょう。

審美歯科であれば、即効性があります。個人差によりますが1回で白く輝く歯になる方もいれば、数回で治療が完了する方もいます。どちらにしても、歯の専門医師に任せることの方が効果が得やすいでしょう。